忍者ブログ


今まで出会ったいろいろな人、いろんな人のエピソード。勘違いな人、嫌な人、非常識な人、嬉しい人、面白い人、色々。愚痴グチがたくさん!!
スポンサード リンク
最新トラックバック
バーコード
プロフィール
HN:
iro2
性別:
非公開
2017/05/29 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/07/05 (Wed)
10年以上前に、自己啓発セミナーというのが結構ありましたね。
今でもあるんでしょうが、当時結構な大金で参加費を払い参加されたかたもいらっしゃるのでは?

自己啓発セミナー自体は、インチキのところもあれば、しっかりしたところもいろいろなんでしょうが、困るのはセミナーに参加して一種の洗脳をされた人達が、そのセミナーに知人を誘うというのがよくあるようです。

自分も以前、一緒に働いていた5才程年上の先輩にしつこく誘われました。
先輩が先に会社を辞めて、地元を離れた別のところで就職。数年たって会社を辞めて、地元に戻ってきた話を聞いたため、久しぶりに会いました。先輩の方から会うことを誘われたわけじゃなくて、地元に戻ってきた話を聞いた自分から久しぶりに会いましょうと誘ったため、先輩も最初はセミナーに誘う目的だったわけじゃないとは思います。

久しぶりに会っていろんな話をしてると、パンフを出してきてセミナーがあるから参加しないかと先輩から言われました。
元々そういうセミナーには興味がないのですが、参加費を聞いてみると、3つのコースがあって最初のコースだけでも参加費用が確か8万円。
全てのコースに参加すると30万円前後の費用がかかるということです。
今でも8万円といえばもちろん大金ですが、10年以上前のその頃の自分にしてみたら、もっと大変な金額でした。金額ももちろんですが、セミナー自体興味が無いため、先輩に丁寧に断ったところ、やはり洗脳されている人間というのはまわりが見えなくなっているんですね。
かなりしつこい勧誘。お金が用意出来ないというと、借金してでもといいかねない勢い。
その時はうまく話を切り上げて帰ってきましたが、それから3ヶ月の間、土曜日の夜になると毎週その先輩から自宅に電話。

当時は、まだ携帯電話なんて持ってない時だったから、電話に出た親に居留守を使ってもらい電話にでないようにしてました。それでも3ヶ月ほど毎週電話がかかってきたということは、かなりのしつこさですね。
おそらく、その先輩が誘っていたのは自分だけでなく他にもいただろうけれど、その件があってから友人・知人等がその先輩のことを避けてしまったのは明らかでしょうね。

その後、書籍等で自己開発セミナー/自己啓発セミナーのことを調べてみると、結局は金儲けで参加した人を洗脳させて、次々と他の参加者を誘うように洗脳するみたいです。
つい最近も、通信販売のねずみ講が捕まりましたね。こういうのっていつまでもなくならないですね。

中には真面目に自己啓発セミナーをやってみえるところもあると思いますので、そういうところの方は頑張って下さい。

PR
2006/06/15 (Thu)
小学3年の頃だと記憶しています。前の年に転校してきた女の子がいました。
女の子の名前はA子ちゃんにしておきます。
朝、学校に来ると、その子の机の中に、ほぼ毎日のように何かを書かれた紙が入ってるという事件がしばらく続きました。
悪口や脅迫、脅迫と言っても小学校時代だから書いた方は深く考えてではないとは思いますが。
詳しい内容は覚えてはいないですが、かなりひどい内容が書かれていたようです。

朝、授業が始まる前のクラスでの朝礼があると、まずその子が机の中の紙のことを言い出します。
犯人は誰だということで、授業が終って放課後男の子が見張っていたりしたこともありました。
結局犯人はわからずに、しばらくそういう事件が続いた後にぱったりとおこらなくなりました。

担任の先生が、
「誰にも言わないから悪口を書いて机にずっと入れていた子は先生のところに来て下さい」
そんなような話があってからその事件はなくなりました。

小学校の3年なんて年だから、筆跡をかえて何かを書いたり、誰もいない時にばれないようになんて上手くできないですよね。外部からの侵入なんてのも、毎日続いてたから不可能だと思います。
おそらく担任の先生は犯人わかってたのでしょうね。

結局、自分たち児童は犯人はわからないままの事件だったんだけど、今になって考えると、その手紙はA子ちゃんの自作自演の可能性が高いですね。
自分で家で書いてその紙を、机の中に入ってたようにすれば簡単ですよね。前述したように小学生が、他の子の机に毎日そういうことをするのは、途中でばれちゃいます。中学生や高校生くらいになればともかく、小学3年生がそこまで慎重にできないでしょう。

そのA子ちゃんは、授業中に貧血で気分が悪いと言い出して机にひれ伏すことがやたらと多かったです。これも、今になって考えるとそこまで貧血がひどかったら、もっと治療等の対策をしてただろうし、あやしいところが多かったです。

机の中の悪口の紙の件も、貧血も結局自分に注目してもらいたくて、そういうことをしていたんじゃないかと思います。
秋田小1事件の畠山鈴香容疑者も自分に注目してもらいたくて、嘘をついたり演技をしたりする。同じようなものなんでしょうか?

小学校の時、わからなかったことが今になっていろいろ思い出すと、わかってきますね。


2006/06/06 (Tue)
 20年程前の話です。小さな食事も出来る喫茶店でバイトをしていました。
 そこで、常連のちょっと生意気な人がいました。
 他の人からもあまり好かれてなかったようですが、常連ということもあって我慢してましたが。
 夏のある日、突然店に来たかと思ったら、透明なビニール袋に入ったカレールーを持っていました。
 「昨日、小学校の子供達とキャンプやって夕食にカレーライス作ったんだけど、カレー余ったから、ここの喫茶店のカレーのメニューにでも使ってよ」
 本人は常連のつもりで、お店にありがたがられると思って持ってきたのでしょうが、非常識ですよね。
 キャンプで作ったカレーって外で作ったりするから、衛生的じゃないですよね。衛生的な部分をしっかりしてたとしても、喫茶店で普段使ってるカレーと味が違います。
 普通は、お店で使ってよなんて持ってこないですよね。
 喫茶店側も断れないから、お礼を言ってとりあえずもらってました。
 でも、その店も結構ケチなところだったから、お店にすでにあるカレーにまぜて使った可能性あります。
 こうやって考えると怖いですね。


検索
 
Web iro2.blog.shinobi.jp
スポンサード リンク
カウンター
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]