忍者ブログ


今まで出会ったいろいろな人、いろんな人のエピソード。勘違いな人、嫌な人、非常識な人、嬉しい人、面白い人、色々。愚痴グチがたくさん!!
スポンサード リンク
最新トラックバック
バーコード
プロフィール
HN:
iro2
性別:
非公開
[11] [10] [9] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
2017/04/25 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/06/06 (Tue)
 「ヤ○○のバッジが2つ手に入った。
兄と2人でスーツを着てそのバッジを付けてコンビニに入って行ったら、コンビニの客がこっちのバッジに気付いて、
『ヤ○○が来た。逃げよう』と言いながらコンビニの通路をあけてくれた」

 10年程前に知人が自慢げに上記の話をしてきました。
 その知人というのはヤ○○でもないし、そういう方と深い付き合いもありません。
 普通、そういう方が、大切なバッジを他の人に渡したりしないですよね。
 10年前でなく今ならネットオークションで手に入る可能性もありますが、10年前だとまず不可能です。
 そういう方に知り合いがいたとしても、そういう大切なバッジを他人に貸してくれたり、ましてや譲ってくれるなんてことないです。

 仮にバッジが手に入ったのが事実、もしくはそういうバッジに似たものが手に入ったとしましょう。
 スーツにバッジを付けてコンビニに入ったとしても、普通の人がそういうバッジだと気付きますか?まずバッジはそういう方のものだとわからないから気付かないでしょう。そういうことに詳しい人がいて気付いたり、コンビニにそういう方とわかる方が来たとしても、相手に聞こえるように『ヤ○○が来た』なんて言わないですよね。
 邪魔だと思えば相手がそういう方じゃなくても常識として通路あけるだろうし、嘘を何重にも言ってますね。

 本人はこっちが騙されてると思ってるのか、延々と自慢げに話をしてました。
 こっちも、いちいち話に突っ込んでも仕方ないから。表面では「すごいですね〜」と言いながら、心の中では呆れて聞いていました。
 こういう嘘つきや妄想癖のある人って、どんどんエスカレートして変なふうになっていくんでしょうね。

 こういう嘘をついて自分を良く見せようとする人って、何か原因があるのでしょうか?
 人間自分を良く見せたいというところはありますよね。だから都合の悪いことは言わないということはあります。しかし、この人のようにあきらかに嘘とわかることをいくつも並べて自分を良く見せようとするのは非常に困ったものですね。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
検索
 
Web iro2.blog.shinobi.jp
スポンサード リンク
カウンター
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]