忍者ブログ


今まで出会ったいろいろな人、いろんな人のエピソード。勘違いな人、嫌な人、非常識な人、嬉しい人、面白い人、色々。愚痴グチがたくさん!!
スポンサード リンク
最新トラックバック
バーコード
プロフィール
HN:
iro2
性別:
非公開
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [7] [6]
2017/10/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/06/15 (Thu)
小学3年の頃だと記憶しています。前の年に転校してきた女の子がいました。
女の子の名前はA子ちゃんにしておきます。
朝、学校に来ると、その子の机の中に、ほぼ毎日のように何かを書かれた紙が入ってるという事件がしばらく続きました。
悪口や脅迫、脅迫と言っても小学校時代だから書いた方は深く考えてではないとは思いますが。
詳しい内容は覚えてはいないですが、かなりひどい内容が書かれていたようです。

朝、授業が始まる前のクラスでの朝礼があると、まずその子が机の中の紙のことを言い出します。
犯人は誰だということで、授業が終って放課後男の子が見張っていたりしたこともありました。
結局犯人はわからずに、しばらくそういう事件が続いた後にぱったりとおこらなくなりました。

担任の先生が、
「誰にも言わないから悪口を書いて机にずっと入れていた子は先生のところに来て下さい」
そんなような話があってからその事件はなくなりました。

小学校の3年なんて年だから、筆跡をかえて何かを書いたり、誰もいない時にばれないようになんて上手くできないですよね。外部からの侵入なんてのも、毎日続いてたから不可能だと思います。
おそらく担任の先生は犯人わかってたのでしょうね。

結局、自分たち児童は犯人はわからないままの事件だったんだけど、今になって考えると、その手紙はA子ちゃんの自作自演の可能性が高いですね。
自分で家で書いてその紙を、机の中に入ってたようにすれば簡単ですよね。前述したように小学生が、他の子の机に毎日そういうことをするのは、途中でばれちゃいます。中学生や高校生くらいになればともかく、小学3年生がそこまで慎重にできないでしょう。

そのA子ちゃんは、授業中に貧血で気分が悪いと言い出して机にひれ伏すことがやたらと多かったです。これも、今になって考えるとそこまで貧血がひどかったら、もっと治療等の対策をしてただろうし、あやしいところが多かったです。

机の中の悪口の紙の件も、貧血も結局自分に注目してもらいたくて、そういうことをしていたんじゃないかと思います。
秋田小1事件の畠山鈴香容疑者も自分に注目してもらいたくて、嘘をついたり演技をしたりする。同じようなものなんでしょうか?

小学校の時、わからなかったことが今になっていろいろ思い出すと、わかってきますね。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
検索
 
Web iro2.blog.shinobi.jp
スポンサード リンク
カウンター
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]